スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【インセプション】

インセプション】をずいぶん前に観ました。

この作品は夢を扱っており、やはりというか押井作品との類似が指摘されています。

確かに多層の夢とか、エッシャー的世界が夢では実現するとか、夢で落下すると目が覚めるなど、『うる星やつら』TVシリーズの「みじめ! 愛とさすらいの母!?」や【うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー】を思い起こさせるところが多いです。

でも、押井ファンとして観ると、違うところの方が気になってしまいました。

例えば、ネタバレになりますが、主人公のチームが大企業の社長のボンボンの夢の中に入ったはいいが、街中にいきなり列車が現れたり、武装した連中が現れて妨害され始めて、

あのボンボン、人に夢の中で好き勝手されないように特殊な訓練をしてやがった!

なんでお前ちゃんと調べてなかったんだ! バカ!

というような会話がありましが、イヤイヤ、私は観客だからそんなの知らなかったけれど、あんたらはその映画の世界ではその道のプロの筈だから、それくらいのこと想定して準備ぐらいしとけよ!
私はそのあたりでちょっと醒めてしまいました。

こういった、登場人物のおっちょこちょいのせいで起こる、ピンチの為のピンチが連発するかしないかが押井作品とこの作品と決定的に違うように思います。
先日の【サマーウォーズ】でも、ガキンチョ金髪警官のせいで2度もAIラブマシーンを抑えるのに失敗していますし、こういったバカキャラが巻き起こす、ハラハラドキドキの要素が少ないところが押井作品が大衆に受けないところで、頭のいい登場人物しか出てこないところが、お高くとまった様でいけ好かないという人が多い理由なのかもしれません。

押井さんとすれば、映画に対して誠実に作った結果がそうなんだと思いますが…






スポンサーサイト

テーマ : インセプション
ジャンル : 映画

tag : 押井守 インセプション

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KUNI’

Author:KUNI’
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。