スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城端曳山祭・宵祭前の昼下がり5

残念ながら、今回山宿に安置された御神像は見ることはできませんでした。
下の写真は昨年の山宿の様子です。
山宿
山宿は各町内持ち回りで、その年当番となった家は御神像を安置する座敷の欄間建具はおろか、宵祭の晩に着る寝間着まで新調するとか、およそ新車を購入するぐらいの費用が掛かるそうです。
城端の人曰く、「ダラ息子が新車をいきなりお釈迦にしたりするのを思えば、遥かに有意義な金の使い方である」と、
確かに…
(※注 ダラ:富山弁でアホの意)

御神像は「堯王」「大黒天」「布袋」「寿老人」「恵比須」「関羽と周倉」 で、中国の道教の神様や七福神でお馴染みの顔ぶれ。

三国志好きの私が注目するのは、やはり「関羽と周倉」で、どうせなら「関平」も付けてあげたくなりました。  
スポンサーサイト

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : 城端 城端曳山祭 true_tears トゥルーティアーズ 三国志

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KUNI’

Author:KUNI’
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。