【バトル・ロワイアル3D】

バトル・ロワイアル3D】を観てきました。

オリジナル公開から10年経っていますが、最近観た映画の中では1番面白かったです。
最近、この映画のように世の中に喧嘩を売る娯楽映画は特に邦画ではあまり見かけないように思います。

10年一昔と言いますが、柴咲コウ栗山千明塚本高史など印象的な役どころを演じた俳優は今も活躍しています。 一方、例を挙げて申し訳ないがざこばの娘などは今はさっぱりな印象です。 やっぱり、当時光っていた人は今も輝いているものですね。 改めて観るとこの役者はこの時こんな表情をしていたのかと確認できてよかったです。

オリジナル公開当時は若い役者が発する恥ずかしい台詞に耐え難い思いをしたのですが、今となってはケタケタと笑いながら観れる余裕が出来ました。 そういった意味でも10年という年月が経って改めて観た事は良かったと思います。

3D化に関してはリバイバル公開する方便にすぎず、正直3Dにするほどの意味はたいして無いので全然期待はしていませんでしたが、まあまあ存外に良かったと思います。 3Dといっても飛び出るのは血飛沫や粉塵、発砲された弾道くらいで、主には奥行きを感じさせる効果が中心でしたが、そのあたりは思っていた以上に感じられました。 ただその効果を最大限に出す為か画面中央を見ていないと端の辺りが二重に見えることがあります。
これから観る人には中央の席で観ることをお奨めします。

ところで、この映画は当時の日本社会を風刺した内容でしたが、10年経って更に状況が悪化しているのではないかと気付かされ、なんか悲しくなりました。
スポンサーサイト

テーマ : 最近観た映画
ジャンル : 映画

tag : バトル・ロワイヤル

プロフィール

KUNI’

Author:KUNI’
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR